ごあいさつ

当社はJR貨物グループ会社の一員として、鉄道貨物輸送(JRコンテナ)との連携を図り、駅頭倉庫の機能を活かした、保管、荷役、運送、情報処理サービスを提供することで、お客様の物流パートナーとして営業してまいりました。
営業開始以来、食品、酒類、米、新聞巻取紙、繊維など様々な貨物の物流拠点としてお客様にご利用をいただいていましたが、この度昭和40年に設立して以来の拠点であるJR貨物梅田駅構内から、大阪市南部の拠点駅であるJR貨物百済貨物駅構内と大阪の北の玄関口であるJR貨物吹田貨物ターミナル駅に移転いたしました。

百済倉庫も吹田倉庫もより高度な物流に対応すべく機能も充実しての開業となりますので、これまで同様、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

■商号:株式会社大阪鉄道倉庫
■本社:大阪市平野区平野馬場2−1−6
■会社設立:昭和40年(1965年)12月24日
■資本金:2億5000万円 
■主要株主:日本貨物鉄道株式会社、 株式会社住友倉庫、三井倉庫株式会社、
 三菱倉庫株式会社、株式会社杉村倉庫 、 他倉庫・通運事業者等計22社
■ 事業内容: 倉庫業(常温、定温)
 貨物運送取扱事業、不動産賃貸及び管理事業
 駐車場の運営管理事業
 コンピューターシステム開発、販売
■年商:7億9600万円(平成23年度)
■社員数:30名(平成24年4月現在)
■ 取引銀行:りそな銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行
■ 主な取引先:雪印メグミルク株式会社、王子製紙株式会社
 森永製菓株式会社、幸福米穀株式会社 、 日新製糖株式会社
 高鍋商事株式会社 、エムシィー株式会社、オンキョーマーケティング株式会社
 サンリツ株式会社、JR西日本グループ会社

倉庫概要

【百済倉庫】
・全長150m、幅40m
・延べ床面積は1万8479u
・1階部分には貨物列車が入線


沿革

昭和40年12月:梅田貨物駅構内設立
(日本国有鉄道及び民間倉庫業・通運業各社の共同出資により)
昭和42年04月:営業開始
昭和42年10月:食糧庁指定倉庫 (現:農林水産省指定)
昭和42年12月:倉庫業法による倉荷証券発行許可を取得
昭和44年02月:農畜産業振興事業団指定倉庫
(現:独立行政法人農畜産業振興機構指定)
昭和54年09月:自動車運送取扱事業登録
昭和59年12月:保税倉庫許可
平成06年06月:保税蔵置場許可(変更)
平成09年04月:第二種利用運送事業許可
平成11年08月:一般利用運送事業許可
平成19年06月:グリーン経営認証取得

吹田倉庫


JR貨物吹田貨物ターミナル駅構内

旧倉庫(JR貨物梅田駅構内)

昭和42年、JR貨物梅田駅(旧国鉄)構内に誕生。長きに渡り多くのお客様の物流パートナーとして営んでまいりましたが梅田駅が2013年3月15日をもってコンテナの取扱いを終了し、同3月31日限りで廃止となります。

 

 

周辺地図